配管清掃作業

建物の排水管・給水管は、人間で言えば動脈と静脈の役目をしています。
血管にコレステロールが溜まるように、給・排水管も水アカやグリース等が付着し、
管内が狭くなり、水の出や流れが悪くなります。
給・排水管が詰まると、ビルや建物の機能が著しく低下し、生活にも支障を来たします。

給水管は、赤水及びサビによる詰まりが発生し、排水管は一度詰まると手の施しようがありません。
当社は、そのようなことが起こらないように給・排水管の管理を行っています。

また、緊急時でも電話一本ですぐお伺いし、復旧作業に全力を尽くします。
「つまった こまった」ときはすぐご連絡ください。

その日のうちに処理し、また以前の快適な暮らしをお届けします。



日々の生活の中で注意していただくこと

・油類・野菜くずなどは流さないでください。
 管が詰まったり悪臭や害虫が発生したりする上、汚水も浄化しにくくなってしまいます。
 油は固めたり吸い取ったりして可燃ごみへ。

・水洗便所では水に溶けるトイレットペーパー以外は流さないでください。
 水に溶けにくい紙や大量の紙は管を詰まらせる原因となります。

・ご家庭の裏の汚水桝(点検孔・清掃桝)などにごみが溜まっていないか、
 ときどき点検しましょう。かんたんな清掃でも効果があります。

排水設備について

 ご家庭及び店舗または事業所内の排水設備(建物~公共桝まで)は、みなさん自身で維持・管理していただかなくてはなりません(図を参照)管理を怠ったり、使い方を誤ったりすると故障してしまうおそれがあります。

 排水設備は人間でいう消化器系のようなものであり、日々の生活では目に見えないもので、維持 管理は非常にむずかしい設備ですが、排水管の中は油や髪の毛や洗剤などによって管内の汚れは進んでいます。正常に排水されていても多少の油脂や夾雑物(きょうざつぶつ)が含まれているため、管内に付着・堆積してしまい、詰まり・悪臭の原因となります。

 異常が起きてからの対応だと復旧に時間や経費がかかることが多く、設備を使用できなくなります。早期に対応するためには、定期的な維持・管理をすることが大切です。


➜排水管の清掃方法は?(※詳しくはこちら)